飛鳥昭雄ファン通信

安倍内閣が急いで可決させた「消費税8パーセント増税」だが、アメリカが自民党に命令したからだ。その増税分で韓国経済を助けるためだ。 その時まで「国際通貨基金/IMF」のストレステストを延長させる必要があり、急遽、韓国人の李昌鏞がIMFアジア太平洋局長に任命され、2014年2月10日から勤務することになった。専務理事と4人の副専務理事を除き、実務最高位の局長に韓国人が任命されたのは初めてである。

Return Top